ダイヤモンド&珊瑚のリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、香川県からわざわざご来店いただきましたI.Sさまからご依頼頂きました2点のジュエリーリフォームですぴかぴか(新しい)
最初にご紹介するのは、ご親戚の方から譲り受けられたという大粒の珊瑚リングです。

おおよそですが、縦2cm6mm × 横1cm8mm もございますぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0106.jpg

大粒の珊瑚のリングはお着物などおめしになられない限り、ちょっと個性的すぎるのでカジュアルに身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)
こちらをリングのアーム部分だけ切り取って台座はそのままのロング(60cm)のペンダントネックレスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0103.jpg
つぎに、
こちらの0.31ctのダイヤモンドペンダントネックレスです。

* ビフォー *
RIMG0011.jpg

こちらをk18イエローゴールド製で人気のメレダイヤ取り巻きのカジュアルで素敵なリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0097.jpg

I.Sさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございますぴかぴか(新しい)
20、30年前のK18イエローゴールド(いわゆる18金)と比較して、最近のK18イエローゴールド製って色が少し落ち着いた感じに見えませんか?
実はK18とは、75%金が含有されているもののことで、残りの25%に他の金属を入れてるんです。
その他の金属の種類や配合により地金の色味が変わってきます。ですから、同じK18でも人の好みが異なるためにそれぞれの国や時代によって精製の配合を微妙に変えるようです。
最近の日本製のK18イエローゴールドは金色を押さえ気味にしたせいか、東洋人の肌によく合い肌馴染みが良くてカジュアルな印象のジュエリーに良く合います。
リフォームなさる際には、PT900製、K18イエローゴールド製、K18ホワイトゴールド製等、それぞれの特性をよくご理解頂いた上でご自身のお好みに合わせてお決め頂いております。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。