はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、C.Yさまよりご依頼頂いたダイヤモンドとガーネットのリフォーム2点ですぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
こちらの0.221ctのプリンセスカットのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0002.jpg

こちらを、もうちょっと洗練されたデザインで、かつボリュームも保たれたい、というご希望で、
こちらのリングにリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0047.jpg

プリンセスカットのダイヤモンドの下は2段構造になっていて、
彫り留めのハーフエタニティが下段にセッティングされているようなリングなのですぴかぴか(新しい)
落ち着いた大人のお洒落なリング、といった感じになりました。
もう1点は、スクエアカットのガーネットですぴかぴか(新しい)
古いK18のペンダントトップにセッティングされておりましたが、
撮影前カメラにお石を外してしまい無理矢理はめ込んだため、枠が曲がっていてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

* ビフォー *
RIMG0003.jpg

こちらをK18プレミアムホワイトゴールド製のすっきり洗練されたペンダントにリフォームされましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0057.jpg

やはり色石にはメレダイヤがちょっと付いていると明るい印象晴れになりますね。

C.Yさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーリフォームのデザインは、もちろんお客様のご希望が第一ですが、仕上がりのイメージや使い勝手等が漠然となさっていらっしゃる方にはアドバイスさせて頂いております。
最近のリングデザインのほとんどは台座が低い物で昔に比べて身につけやすいのですが、立爪ダイヤモンドリングをお持ちの方は「台座が低いもの」ということだけを気になさっていらっしゃり、身につけやすいデザインのイメージが漠然と、あるいはちょっと勘違いされておられる方も少なからずおられます。
メールではなかなかその辺りのアドバイスは申し上げにくいのですが、ご来店いただけましたら「こういうデザインが人気ですよ」といった感じでアドバイスさせていただいております。リフォームデザインをお決めになられるときは、ちょっと柔軟なお気持ちでおられると今まで想像もしていなかった素敵で身につけやすいジュエリーに生まれ変わりますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ