はぎ妻でするんるん
鬱陶しい梅雨の季節雨で心も何となくどんよりしがちですが、
今日の神戸はスカッと晴れてます晴れ
明日も晴れだそうですよわーい(嬉しい顔)
ちょっと嬉しいですね黒ハート

さて、
今日はEさまがご家族から譲り受けられたダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

Eさまはこの度ご結婚がお決まりになられ、
ご家族から譲り受けられた0.59ctの立爪ダイヤモンドリングをリフォームなさりご婚約指輪になさりたいとのご相談でした。

* ビフォー *
RIMG0214.jpg

こちらをk18イエローゴールド製の4点留めエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0421.jpg

メレダイヤは共爪でトータル0.18ctも使用してますのでキラキラですぴかぴか(新しい)

RIMG0430.jpg

RIMG0424.jpg

Eさま、この度は大切な記念のお品へのリフォームを当店でご依頼くださり誠にありがとうございます。
日本人はプラチナ製がお好きですね。ご婚約指輪やフォーマルなシーンに身につけて行くジュエリーはプラチナじゃないと駄目だと思っていらっしゃる方がまだ多くいらっしゃいます。
ですが実際はそんな事はございません。お悔やみのお席では真珠以外は身につけたら失礼になるので除外するとして、パーティやご結婚式等のお祝いのお席ではK18イエローゴールド製で失礼という話は聞いた事がありません。世界的に見てもプラチナを宝飾品に使用する国は日本を初めとするほんのわずかな国と地域に限られます。ジュエリー先進国のヨーロッパではジュエリーにK18イエローゴールドやホワイトゴールド等を主に使用しております。
プラチナ製が悪い訳ではなく良い金属だと思いますが、もしK18に抵抗をお持ちでしたら少しお考えを変えてみられたらおしゃれの世界が広がるかもしれませんよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ