はぎ妻でするんるん
今日は、宮城県からご依頼頂きましたMさまのダイヤモンドリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

こちらがリフォーム前のダイヤモンドリングです。
センターが0.700ctございます。

* ビフォー *
RIMG0063.jpg

いわゆる立爪とは違って、もっと時代は新しいデザインですが、
お嬢様へプレゼントなさりたいとのことで今風の新しいデザインへリフォームなさりたいとのご相談でした。
ご希望通りカッチリ系のすっきりカジュアルなリングへリフォームさせていただきました。

* アフター *
RIMG0023.jpg

アーム部分のメレダイヤは彫留めで落ち着いた印象になっております。

RIMG0027.jpg

アーム部分がダイヤに向かって反り上がっていますが、台座の高さはなく、
むしろ引っかかりにくいデザインとなっております。

RIMG0025.jpg

Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーデザインには流行がございますが、流行だけではなく実はジュエリーの加工技術も変わってきております。
昔に比べて加工用の工具等もどんどん良いものができているので、より繊細で美しい細工や加工が当たり前になってきております。
メインダイヤを留めている爪も一見同じような感じに見えても、写真で比較していただくと現代の方がより細くダイヤを引き立てるようなフォルムに変わっているんです。
お洋服でもジュエリーでも「定番」と呼ばれるデザインは微妙に変化して行っているので厳密には定番デザインとは呼びにくいですが、さらに、ジュエリーの場合には加工技術が格段にアップしている為、より繊細に美しいデザインに進化してるんです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ