2ctのダイヤを普段使いしやすいリングとペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はゴージャスですよ
S.Tさまよりお持ち頂いた2ctUPのダイヤリングと2ctUPのダイヤペンダントのリフォームをご紹介いたします


2ctダイヤモンド1点だけでも十分すぎるぐらいゴージャスですが、
ペンダントとリングから3点リフォームさせて頂きましたのでトリプルゴージャスでお楽しみくださいませ


最初ご紹介するのは、
センターが2.112ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *




こちらのダイヤモンドと一緒に別の2ctUPのダイヤモンドペンダントネックレスをお持ちになられたのですが、
大きさは同じぐらいでもダイヤの品質がペンダントのダイヤモンドの方が断然きれいだったのです。
それで、2つともリングとペンダントネックレスにリフォームをお考えになられておられ、
今回リングにリフォームなさるのであれば、品質の良い方をリングになさった方がよろしいとご提案さし上げましたので
若干品質が低いリングのダイヤモンドをペンダントへリフォームなさる事になりました。


ちょっと派手過ぎて職場には身につけていけない、ということで
プラチナ製の薄い枠の方で覆輪留めペンダントネックレスへリフォームいたしました

* アフター *



さすがに大きいとダイヤの厚みもかなりあるので
トップがゴロゴロしないよう両方チェーンをトップに固定させていただいております。




以前に比べると大変シンプルなペンダントネックレスになりましたね。

つぎに、

こちらもゴージャスなデザインのペンダントネックレスです。
メインのダイヤモンドは2.292ctございます

* ビフォー *




先ほどのリフォームでも申し上げたように、
ペンダントに使われているダイヤモンドの方が品質がよろしかったので
せっかくですからこちらのほうをリングにリフォームなさるようおすすめいたしました。


そして仕上がりはこちらです

* アフター *




6点留めのミル打ちアンティーク風リングへリフォームいたしました


ダイヤが大き過ぎてアーム部分のデザインがわかりにくくてすみません





横から見るとアーム部分にはメレダイヤが彫留めでセッティングされていて、
両サイドにはミル打ちが施されており、大変繊細で気品あふれる2ctダイヤモンドリングに生まれ変わりました。





ダイヤモンドは大粒ですが、台座の高さもダイヤの厚み分程度なので大変身につけやすいリングですね。

最後に、

2ctUPダイヤモンドの周りを取り巻いているメレダイヤが直径4mm弱もあったので、
5ピースだけを使用してゴージャスなハーフエタニティリングをお作りさせて頂きました

* アフター *


5ピースでトータル0.96ctもある素敵なハーフエタニティリングになりましたね。


こちら1本でも十分存在感がありますが、
2ctダイヤモンドリングと重ねづけなさると更にゴージャスです



2つのリングを合わせるとトータル3ctUPにもなるんです

向かうところ敵無し、

を通り越して

ええーいっ、このダイヤが目に入らぬか!?控えおろーっ

ってぐらいの感じです。

ええ、そのぐらい自信もって身につけていただいても充分すぎるお品でございますよ

S.Tさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして本当にありがとうございました。

ジュエリーはただのアクセサリーではありません。特にダイヤモンドを初めとする貴石のジュエリーは、身につける人を美しくもりたててくれるだけではなく、勇気と自信を与えてくれる、女性にとっての最高のパートナーです。
大切なお食事やちょっと気後れするような高級ホテルでのパーティ等で、ダイヤモンドジュエリーを身につけていると心強かったり、誇らしかったりするんですよ。
もちろん普段のカジュアルなシーンでも身につける人の気持ちを必ず上げてくれます。
もし身につけにくい古いデザインのダイヤモンド製品をお持ちでしたら、是非身につけやすい今風のデザインへリフォームして、貴女の最高のパートナーとしてどんなシーンにも身につけて行かれる事をおすすめいたします。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。