0.2ctUPプリンセスカットダイヤをエンゲージリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はU.Mさまよりお持ち頂いたダイヤモンドリング2点のリフォームをご紹介いたします


最初にご紹介するのは、
ご家族から譲り受けられた0.2ctUPのプリンセスカットのダイヤが2ピースついているダイヤモンドリングです。

* ビフォー *


最初のご希望では、こちらのリングの全てのダイヤモンドを使用してエンゲージリングをお作りになられたいとのご希望でしたが、
アーム部分のダイヤはサイズが合う枠がございませんし、合わせようとしたらフルオーダーメイドになってしまって
リフォーム価格がお高くなるのでおすすめできませんし


こちらの2つのプリンセスカットのうち1つだけをエンゲージリングにリフォームすることになりました
仕上がりはこちら

* アフター *




メインのプリンセスカットのダイヤは、0.245ct(3.5mm×3.5mm)です。
アーム部分はメレダイヤの大きさがグラデーションになっているエタニティ風です








かわいくて上品で素敵なエンゲージリングに生まれ変わりましたね

つぎに、

同じリングのプリンセスカットの残り1ピース0.225ctはK18イエローゴールド製で普段使いしやすいスルーペンダントへリフォームいたしました

* アフター *

そして2点目は、

5ピースで0.35ctのダイヤモンド一文字リングです。

* ビフォー *




爪も大きいし、台座の高さもかなりあるので
最近ではこういう一文字リングってすっかり見なくなりましたね


こちらをK18イエローゴールド製でシンプルでかわいいハーフエタニティリングへリフォームいたしました

* アフター *




もちろん台座の高さもありません。




U.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。

1つのリングをリフォームなさるときに脇石も全部使ってのリフォームはあまり考えられない方が良いです。
もったいないし、全部使いたいし、というお気持ちはわかるのですが、脇石の直径と新しくリフォームなさる枠のサイズがほとんどの場合全く合いません。
全て使用しようとすると枠を型から作成するフルオーダーメイドになってしまい料金が大変お高くなるのでおすすめいたしません。また仮にお金がかかってしまっても脇石も全て使用したいという場合でも、脇石の大きさに合わせてにアーム幅等をお作りするので、今までとあまり印象が変わらない感じで素敵なフォルムにならない可能性が大変高いです。
リフォームなさる時は「メインの石(ダイヤ)」だけのリフォームをお考えになった方が素敵なデザインにリフォームできますし、お値段もお安くなりますよ。
当店のリフォーム価格にはメレダイヤの料金と税金、工賃等全て含まれていますので、こちらでご用意したメレダイヤを使用してもお考えになっておられるよりずっとお安いお値段で素敵にリフォームできます。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。