0.3ct立爪ダイヤをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はM.Rさまよりお持ち頂いたダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたします


お持ち頂いたのは、0.31ctの、やはり古い立爪のダイヤモンドリングです。


* ビフォー *




立爪の指輪はデザインもイケてないのはもちろんのこと、
大きな爪が尖っていて、台座の高さもダイヤモンドの3倍程あるので
身につけにくいため、みなさんせっかくのダイヤモンドリングを何十年もしまいっぱなしになさっておられるようなんです

昔はちゃんとしたダイヤの指輪と言えば、こういうリングデザインしかなかったですからねー


こちらをPt900製で今一番人気のメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました

* アフター *

こちらのメレダイヤ取巻きリングは、ほぼ同じようなデザインの類似枠があるのですが、
今回お作り頂いた方はメレダイヤがメインダイヤの周りに隙間無くセッティングされているデザインで
こちらの方が当店では人気があります。
その辺りのビミョーなデザインはそれぞれお客様のお好みになりますが








以前と全く違うデザインの素敵なリングに生まれ変わりましたね

M.Rさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。

ブログでご紹介するリフォーム例は人気のあるデザインが多く重なるので、他のデザインが無いように思われる方もおられるかもしれません。
ご来店頂けましたらお客様のお好み、ご希望を伺い、お好みに合ったデザインをご提案、お見積もりさせて頂いております。
お作りできるリングデザインはまだまだたくさんございますし、毎年新しい素敵なデザインも登場してるんですよ。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。