ダイヤモンドのご婚約指輪をご結婚記念日にリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、Y.Yさまよりご依頼頂きましたダイヤモンドリングのリフォームです

こちらは昔、Y.Yさまがご主人様より贈られたご婚約指輪
0.671ctのダイヤモンドです。

* ビフォー *

せっかくのご婚約指輪ですが、

こちらのデザインのせいで最近では身につけられなくなってしまったそうなのです

こちらを今月のご結婚記念日に合わせて、普段にもおしゃれに身につけられるよう、

Pt900製で6点留めエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

以前のデザインも6点留めでしたが、

比較にならないぐらい爪が小さくなっております
たアーム部分には直径1.4mmのメレダイヤが14ピース
共爪でセッティングされておりますので

アーム部分がほとんどダイヤでキラキラ光っておりますね

共爪とは隣り合わせのダイヤを共通の爪で留めるセッティング方法なので
爪の数が少ない分、メレダイヤがぎっしり詰まって見えるんです

Y.Yさまにも大変お気に召して頂けました

Y.Yさま、この度は大切なご婚約指輪を当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

ご結婚指輪以外の指輪やネックレス等のジュエリーは、基本的にお家ではお外しくださるようおすすめしております。
女性は特にお家の中では家事をされる方が多いですから、身につけっぱなしですと外出時よりもジュエリーに何倍もの負担がかかってしまいます。
また身につけたままご入浴なさると髪の毛に爪がひっかかってダイヤが落ちる可能性も高くなりますので絶対にお外しください。ネックレスも身体を洗う時等、チェーンにかなりの負担がかかりますので切れてしまう可能性が高くなります。
逆に、外出時にはお家に帰るまで絶対に外さないようになさってください。外で指輪を外すと忘れてなくなってしまうことがよくあるんですよ。
せっかく貴女の元へやってきたジュエリーですから大切に身につけましょう。
身につけられないデザインだったら是非ジュエリーリフォームをご検討ください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。