ダイヤモンドリフォーム*K18製ナチュラルリングへ

はぎ妻です

今日はT.Cさまよりお持ちいただいたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、ちょっとだけ古いというか、重たいデザインのプラチナ製0.239ctのダイヤモンドリングです
* ビフォー *

もうちょっとシンプルで身につけやすい印象のプラチナ製リングへリフォームなさりたいとのご相談でした。

色々なデザインをご覧になられておられるうち、
私(はぎ妻)が身につけているK18イエローゴールド製のリングが気になってこられたそうなのです。

リングはプラチナ製が良い

と、固く信じておられたそうなのですが、
最近のK18イエローゴールド製は色味が薄くて東洋人の肌に馴染む色合いなので
カジュアルに身につけられたいのでしたら断然K18イエローゴールド製の方がナチュラルな印象です

そこで、

K18イエローゴールド製のミル打ちリングへリフォームいたしました
* アフター *

清楚で可愛らしいダイヤモンドリングへ生まれ変わりましたね
T.Cさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

クレジットカードでも「ゴールドカード」の上が「プラチナカード」だったりと、ゴールドよりプラチナの方が価値がある金属だと思われておられる方がまだまだ多くおられますね。
ですが、近年になり純プラチナ(100%プラチナ)より純金(100%金)の価格の方が若干上回っています。
お若い方はゴールド製のジュエリーの方がお好きな方が増えていますが、昔プラチナが良いと思わされてきた方々は、易々とゴールドのジュエリーを受け入れられないかもしれませんね。
ゴールドとプラチナ、どちらが良いとか悪いとかではなく、2つは違う金属ですし、特性もそれぞれ違います。新しいジュエリーをお探しの際には、できるだけ固定概念を取っ払ってご自分が身につけやすいカラーの金属をお選びになってみてください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加