埋め込みダイヤリングをメレダイヤ 取巻きリングへリフォーム

はぎ妻です

今日は、N.Yさまよりお持ちいただいたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちになられたのは、0.36ctのちょっと古いダイヤ埋め込み?デザインのダイヤモンドリングです
* ビフォー *

厳密に申し上げると、枠にダイヤが埋め込まれている、というより、

ダイヤモンドの両サイドを金属で挟んでいる形です。

いずれにせよ、こういうデザインのリングは、
ダイヤモンドに光が入りにくいのでせっかく綺麗なダイヤモンドなのに光りませんし、
ダイヤ自体の存在感も薄れてしまってますね

こちらを、
身につけられるように、

pt900製でメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

こちらのダイヤモンドリングでしたら、

普段のお出かけに、おしゃれに身につけていただけそうですね

N.Yさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございました。

ダイヤモンドリングのデザインには、いわゆる「定番」がありません。
また、10〜20年単位でデザイン自体もゆっくりと変わってきます。20年前には良いと思っていたリングデザインでも、今になると身につけにくくなってしまったと感じるとはデザインが古くなってしまった証でもあります。
身につけにくくなってしまったと感じたら、リフォームするべき時が来たと思ってください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加