立爪1.6ctダイヤをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、A.Yさまよりご依頼いただきましたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちになられたのは、
お祖母様の妹にあたられる方のご遺品で、なんと!

1.62ct

もある立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

そのご親戚の方はお子様がおられなかったのでA.Yさまのことを実のお子様のように思われ、可愛がって下さったそうなんです

A.Yさまが幼い頃から、こちらのダイヤモンドが欲しいとおっしゃっておられたそうで(お目が高い!)
ご遺品とはなりましたがA.Yさまの元へとお約束通りやってきたそうなのです

いくら大切なお品でも立爪リングのままでは身につけられません。
こちらを、

人気のメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

使用メレダイヤは、

直径1.8mm × 8ピース(アーム部分)
直径1.3mm × 20ピース(取巻き部分)
トータル0.40ct使用しております

1.6ctのダイヤモンドですので、

2ct用枠

を使用しております

こちらのデザインで2ct用枠は、プラチナ製でお作りするのはこの大きさでは初めてとなります
すごく素敵です

ここは皆様のためにも是非、着画像をとお願いしたのですが、ご遠慮されたので

A.Yさまの許可を得て私の手にはめさせていただきました

流石に1.6カラットのダイヤモンドでのメレダイヤ取巻きリングはボリューミーですね

某高級ジュエリーブランドのカタログそっくりです(このぐらいのダイヤの大きさの写真でした)

A.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございます。

ダイヤモンドリングはダイヤが大きくなればなるほど、シンプルな1粒ダイヤモンドリング(立爪も含む)だと「フォーマル」な印象になってしまい、普段のお洋服に合わせにくいです。
ダイヤモンドが悪目立ちするんでしょうか?
そういう普段のカジュアルなシーンで身につけにくいダイヤモンドは、ぜひファッションリング的な感じのご自身がお好きなデザインへのリフォームをお勧めいたします。
オシャレで身につけている、という印象があれば、フォーマルでもカジュアルでもどんなシーンでもたくさん身につけていただけますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加