ピンクゴールドのダイヤモンドリングへのリフォーム

はぎ妻です

最近よくあるパターンのジュエリーリフォームで、
お母様などがもう使われなくなった古いデザインの
ダイヤモンドリングを新しいデザインにリフォームして
お使いになるというものです。

今回のダイヤモンドリングも
ご家族の古いダイヤモンドリングをリフォームしたいというご依頼でした

古いリングがこちら。

ちょっと爪をひねっていますが、
いわゆる立て爪の変形リングです。

このままじゃあ、
まだまだお若い方の指には到底はめていただけなさそうです…

ご依頼されたお客様はピンクゴールドが大好きなので、
是非ピンクゴールドのシンプルで引っかからない形へ
リフォームして使いたいということでした。

k18ピンクゴールドは、
k18です。
k18ホワイトゴールドも
k18です。
もちろん、k18イエローゴールドもk18です。

これはどういう事かというと、
k24というのが純金、すなわち100%金ということですから、
k18というのは75%が金ということなんですね。
で、この場合、残りの25%は別の金属を配合しているんです。
ホワイトゴールドの場合は白い色になる金属でパラジウムとか銀等。
そして、ピンクゴールドの場合はを多くまぜる事で
ピンクっぽい色合いになるのです。

でも銅を多く含む事によって、
修理等の際に金属が傷つきやすいという弱点をもっているので、
リングの場合、サイズ直しなどは通常よりもかなり手間がかかってしまうんですね。
お若い女性には人気ですが、
職人泣かせの金属だそうです

でも、
できあがったピンクゴールドのリング
激かわっです

もともとダイヤモンドはとってもきれいだったので、
ステキな仕上がりになりましたよ

ダイヤモンドは地上で一番固い鉱物なので傷つきません。
だから、
古くなる事はないのです。
新しいリング枠に入れ替えてリフォームしたら
新品に生まれ変わるのです

眠っているダイヤモンドリングを蘇らせたい方は、

ハギノパールアンドジェム リフォームのページ

をご覧くださいね!