はぎ妻です

以前もペンダントのリフォームでご来店いただいたことのあるF.Mさまが再びお母様の0.41ctの立爪のダイヤモンドリングをお持ちになり、ペンダントにリフォームなさりたいとのご依頼でした。

通常、指輪に使用しているダイヤモンドは大変品質の良いダイヤモンドを使用しています。
それに比べてペンダントは、さほど品質にはこだわらない、というか目立たないので指輪に使用する物よりも品質が低いものを使用します。
ですから、指輪からペンダントネックレスへのリフォームはダイヤが大変もったいないのですけど、
一応、その辺のご説明は差し上げた上で、
F.Mさまのご希望のダイヤモンドペンダントへリフォームいたしました

※リフォーム前のビフォー写真は写し忘れです


★ アフター ★

 

 

当店でペンダントのリフォームでお勧めしているのはスルーペンダントなのですが、
F.Mさまのご希望でスルーではなく固定式でお作りいたしました。
また金具もポイントになるよう、ご希望でわざと目立たせてあります

k18イエローゴールド製でお作りたいしました。

HPで紹介されていなくても、「こんな風にしたい!」というご希望があれば、可能な限り対応しておりますので、みなさまも是非ご相談くださいね。

F.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます!


せっかく品質の良いダイヤモンドリングをご婚約指輪でご主人様からいただいているのに、数回しか身につけていないという方って意外と多いようです。
身につけられないのは「デザインが古いくて普段使いできない」からですよ。
決してダイヤモンドの指輪がよそ行き用と決まっている訳じゃありません。ダイヤモンドリングを普段にさりげなく身につけていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますよ!

》》 ハギノパールアンドジェム リフォームページ