はぎ妻です

数ヶ月前にご家族から受け継がれたジュエリーを何点かリフォームしてくださった方が同じ職場のお友達の N.Rさまをご紹介くだりお越しになられました

当店はご紹介のお客様の割合が結構多くなってきていて本当にありがたいです!
ご自分が当店のリフォームでご満足いただけたからこそ、お友達をご紹介くださるんですからね。
口コミ最高ですね

さて、
N.Rさまがお持ちになられたのは、ご自身が昔ご購入なさった古いデザインのジュエリー3点です。

まずは、こちらの0.26ctのダイヤモンドリングです。

★ ビフォー ★

 

こちらを今流行の華奢でかわいらしいエタニティ風のリングにリフォームなさいました


★ アフター ★

 

もうひとつは、
0.21ctの古いペンダントネックレスです。

★ ビフォー ★

 

こちらを、
これまた流行のイエローゴールド製で、
しかもかわいい覆輪留めのスルーペンダントにリフォームなさいました。


★ アフター ★

 

ちなみに、昔イエローゴールド製のジュエリーが流行った頃、丁度バブルぐらいのときでしょうか?
そのときのk18イエローゴールドよりも、今のイエローゴールドの方が若干色みが薄い、というか、ほどよい金色になっているんですよ

K18というのは75%金が含まれているんですね。
純金のままですと柔らか過ぎて細かい加工も難しいですし、
強度も下がるので日本では一般的にイエローゴールドといえばK18製品を使用しています。
K18は残りの25%に金属を硬くする他の金属を配合しています。
その金属の種類や色等で仕上がりの色が決まってくるのですが、精製している国や時代等により色が若干違っています。

ですから、最近流行っているイエローゴールドはバブルの頃のようにギラギラ光ったりはしません。
暖かみのある、可愛らしい金色なんですよ

そして最後にご紹介するのはこちらです
ハートシェイプのピンクトルマリン

★ ビフォー ★

 

太めの古い枠にセッティングされているので、
ちょっと昔風ですが、N.Rさまのお嬢様が「この石なら私がほしい!」とおっしゃったようで、
こちらをペンダントにリフォームなさいました


★ アフター ★

 

バックが真っ白の写真で見ると若干きついピンクに見えるのですが、
N.Rさまご自身が試しに身につけられるとお肌の色がバックになったせいか、
とっても爽やかで自然なピンクの色に見え、暑い夏に涼やかな印象のかわいらしいペンダントとなりましたよ
お嬢様じゃなくてもN.Rさまご自身が身につけてもとてもお似合いでいらっしゃいましたよ

N.Rさま、この度は大切なジュエリーを当店でたくさんリフォームしてくださり誠にありがとうございます


いくらお高いブランド物のお洋服をお持ちでも、
数年間着ていたら流行が過ぎてしまって着られなくなる事って多いですよね
ジュエリーもお洋服と同じように時代とともに流行は変わってきますが、リフォームして新しいデザインにすれば、新しいジュエリーとしてまたお使い頂く事ができるのでお洋服よりも実はエコなんですよ

リフォームのご相談は、


》》 ハギノパールアンドジェム リフォームページ

をよくお読みの上お問合せくださいませ。