1ctUPダイヤモンドを6点留めエタニティ風リングへリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん

今日はN.Hさまよりお持ち頂きました1.07ctのダイヤモンドリングリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

こちらがお持ちになられた1粒ダイヤモンドリングです。
大粒だけに、こういうシンプルすぎるデザインではカジュアルなお洋服に大変合わせにくいものですよねあせあせ(飛び散る汗)

* ビフォー *
RIMG0008.jpg

こちらをPt900製のキラキラエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0174.jpg

メレダイヤは直径1.5mmが14ピースでトータル0.21ctございます。
共爪でセッティングしておりますのでアームはダイヤでキラキラしていて
とっても素敵ですぴかぴか(新しい)

RIMG0179.jpg

RIMG0181.jpg

N.Hさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
Pt900製やk18製のリングアーム部分が金属だけのデザインですと、ちょっとフォーマルな印象になりがちです。
アーム部分にメレダイヤがセッティングされているリングは、華やかさだけではなく、どこか暖かみのある輝きのせいか、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいリングデザインの物が多いんです。
もちろん、金属の輝きよりもダイヤの輝きの方が断然強いのですが、金属の方がどういうわけか「冷たい」輝き方をするのです。
カジュアルなシーンでもお洒落に身につけられたいのであれば、断然リングのアーム部分にメレダイヤがセッティングされているデザインの物をおすすめいたします。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。