黒蝶真珠とダイヤのペンダントリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、東京にお住まいのI.KさまのジュエリーリフォームですNEW

2点ございまして、
まずはこちらのデザインが古い0.388ctのダイヤモンドリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0017.jpg



ダイヤの色も黄色味がかっているので、
こちらをシンプルなk18イエローゴールド製の4点留めプチペンダントにリフォームいたしました。


★ アフター ★
RIMG0087.jpg
次に、I.Kさまがお母様より譲り受けられた11mmUPの黒蝶真珠リングです。

★ ビフォー ★
RIMG0138.jpg



こちらを普段使いできるペンダントにリフォームなさりたいとのご希望でした。
仕上がりはこちら!


★ アフター ★
RIMG0082.jpg



真珠って、リング枠から外してみないと枠で隠れている部分の形状や状態がわからない場合が多いので、実はリフォームデザインを決めるのがちょっと難しいのですあせあせ(飛び散る汗)
I.Kさまの黒蝶真珠リングも写真で横からの画像を拝見したのですが、
その時には枠の中に隠れている部分は平らに削ってあると判断し、削れている部分を隠すような枠をご提案しました。
実際に加工の段階で枠に納まりやすいよう真珠の底の部分を少しだけ削ってあるものは時々あるんですよ。
ですが、お送り頂きリング枠から真珠を外してみるときれいなオーバルの真珠でした。
ですから急遽、こちらの枠のペンダントデザインへ変更させて頂きました。
ご来店でのリフォームご依頼の場合は出来る限りお客様の目の前で真珠(あるいは宝石)をお外しいたしますので、あまり問題はないのですが、
郵送受付の場合はお品が届いてからのデザイン変更があるかもしれないということをあらかじめ知っておいてくださいね。

I.Kさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

リングやペンダントなどいろいろなジュエリーを持っていはいるけど、最近はすっかり身につけなくなった。。。という方、
その理由はお持ちのジュエリーの「デザインが古くなった」からなんです。
貴女の好みやライフスタイルが変わったせいじゃありません。
ジュエリーもお洋服と同じで流行があるんです。
10年、20年前のジュエリーはご本人は気にしていなくてもやっぱり古いフォルムになっています。
周りの方々が身につけて入るジュエリーやテレビ等でタレントさんが身につけているジュエリー等が知らぬ間にいつも目に入っているので古くなってしまったご自分のジュエリーは「なんとなく、もう身につけたくない」気分になるんです。
是非当店にご相談ください。
低価格、高品質のジュエリーリフォームをご提案いたします。
お見積もりご相談は無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ