花嫁の指に輝くおばあちゃんのダイヤモンドリング♥︎リフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
あけましておめでとうございます。

今日から仕事始めですぴかぴか(新しい)
今年も当ブログをどうぞよろしくおねがいいたしますexclamation
新年最初にご紹介させていただくのはK.Mさまよりお持ちいただいたダイヤモンドリングのリフォームです。
こちらがK.Mさまがお持ちになった0.55ctの古いダイヤモンドリングです。
K.Mさまのおばあさまのものだそうで、この度晴れてご結婚なさるという事でお祝いにこちらを頂いたそうなんですぴかぴか(新しい)


★ ビフォー ★
RIMG0051.jpg



ですが、このままのデザインではまだお若いK.Mさまには身につけにくそうですあせあせ(飛び散る汗)
K.Mさまがどんなシーンでも身につけやすいように、
k18イエローゴールド製のエタニティリング風のデザインへリフォームいたしました。


★ アフター ★
RIMG0278.jpg



K.Mさまは近々ご結婚式をあげられるので、
ご披露宴の時にはおばあさまより受け継がれたこちらのダイヤモンドリングを身につけられるご予定だそうです。
ただでさえ喜ばしいお孫さんのご結婚式ですが、
ご自分がプレゼントなさったダイヤモンドを身につけてくれたら、おばあさまもきっと大変喜ばれますよね黒ハート

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます!


ダイヤモンドはこの地上で一番硬い鉱物ですから、年数が経っても劣化したり傷ついたりする事はまずございません。
ですから、「こんな高価なものを普段に身につけるなんてもったいない!」と思われて宝石箱の中にしまいっぱなしでご結婚後はほとんど身につけないという方が本当に「もったいない」のです。
指輪枠は金属ですからお使いになっていれば傷つきますし、デザインにも流行があるので10年20年経てば古い感じがしてくるのは当然です。
お安く普段使いしやすいリングデザインへリフォームなさるのが賢い選択ですよ!
リフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ