6点留めミル打ちアンティーク風リングへのリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日はU.Aさまがお持ちになられた立爪の0.445ctダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたします。


★ ビフォー ★
RIMG0085.jpg



こちらを当ブログでもよくご紹介させて頂く4点留めでミル打ちが施されたアンティーク風のリングにリフォームなさろうか?と思われたのですが、

もう少しリングアームが細い方が良い

ということで、
最近新しくメーカーの方でできました6点留めのリング枠で似たようなミル打ちの物があり、
こちらの腕が割と細身でしたので初めてのデザインですがこちらへリフォーム
なさいましたぴかぴか(新しい)


★ アフター ★
RIMG0002.jpg



横から見た感じはこんな感じです。

RIMG0015.jpg



4点留めと6点留めではダイヤの印象がかなり違いますね。
この辺りはお好みです。
また、同じようにミル打ちがアームの両端に施されていますし、メレダイヤもセッティングされていて、アームもメインダイヤモンドに向って絞ってありますからとてもよく似ていますが、
4点留めの物に比べてアーム幅が細いので全体の印象としては類似デザインの4点留めの方がかわいらしい感じで、こちらの6点留めの方が比較的シャープな印象ですねぴかぴか(新しい)

U.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


当店のジュエリーリフォームは主に枠やパーツのメーカーのデザインから選んで頂く「セミオーダーメイドのジュエリーリフォーム」をお勧めしております。
もちろん、細部までご希望にぴったり合わせてお作りする「フルオーダーメイドのジュエリーリフォーム」もお受けしておりますが、セミオーダーメイドでもセンスがよく上質な作りのものばかりですので、特にこだわりがお強くなければセミオーダーメイドでも充分にご満足頂けます。
当店ではご注文をお受けしましたらメーカーに発注いたします。メーカーではその時点でお客様のご希望のデザインの枠のロウ型をお客様の指のサイズに調節してから金属を流し込むことから始めますので、お客様だけのためにお作りしておりますよ。
ご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ