岡山からご婚約指輪のリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、岡山県のM.Kさまがお送りくださった0.329ctのダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)

★ ビフォー ★
RIMG0056.jpg



せっかくきれいなダイヤモンドのご婚約指輪ですが、普段使いできるデザインではないですし、リングサイズも小さくなったということもあり、リフォームをお考えになられたそうです。
いろいろとどんなデザインになさるかお悩みになった結果、
k18イエローゴールド製の6点留めエタニティリング風のデザインへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

★ アフター ★
RIMG0130.jpg



華奢なエタニティリング風ですし、イエローゴールド製なので、
これからはカジュアルなシーンでどんどん身につけていただけそうですね黒ハート

M.Kさま、この度は大切なご婚約指輪を当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


彼から贈られたご婚約指輪(エンゲージリング)がファーストジュエリーだというケースは多いですね。独身時代はお手頃なアクセサリーばかりで本格的なジュエリーを身につけるのはご婚約指輪が初めてというのはめずらしくありません。
だからでしょうか?ご婚約指輪をお選びになる時に昔から「プラチナ製の1粒ダイヤモンドリング」に人気があります。
こういうデザインはご婚約時代にはダイヤモンドリングを贈ってもらったことが嬉しくて毎日でも身につけるんですが、ご結婚後は「THE婚約指輪」という雰囲気なのでカジュアルなお洋服にはとてもじゃないけど似合わないためいつしか宝石箱の中にしまいっぱなしになってしまっている方が多いようです。
日本人ってパーティー等のフォーマルなお席におよばれする機会は一生のうち通常数回しかありません。ダイヤモンドリングもカジュアルなシーンでおしゃれに身につけられるデザインであれば毎日でも身につけられると思います。
もちろん、カジュアルなデザインのリングでもちゃんとしたダイヤモンドのリングならフォーマルなお席でも全然失礼なことはありませんから大丈夫ですよ!
リフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ