古いデザインのペンダントネックレスのダイヤをリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でリフォームしてくださったことのある東京にお住まいのO.Sさまのダイヤモンドペンダントネックレスのリフォームですぴかぴか(新しい)

O.Sさまがお送りくださったのは、こちらのペンダントネックレスです。
下のメインダイヤモンドは0.195ctございました。

★ ビフォー ★
RIMG0048.jpg

こちらの0.195ctのダイヤモンドを
今一番流行っているメレダイヤで取り巻いたペンダントネックレスにリフォームなさいました。

★ アフター ★
RIMG0034.jpg

回りのメレダイヤは当店でご用意させて頂いた物でトータル0.09ctという極小さなメレダイヤで
キラキラ輝くのでメインダイヤも大きく見えるんです黒ハート
そして、ビフォー写真のメインダイヤの上にあるメレダイヤは
直径1.6mmで24ピースございました。
こちらをエタニティリングにリフォームなさりたいとのご希望でした。
エタニティリング等のメレダイヤは直径が0.1mmでも違うと枠に合わないのでセッティングすることができませんので
大きなダイヤモンドのリフォームよりもメレダイヤのリフォームの方が遥かに難しいのですあせあせ(飛び散る汗)
ですが、丁度1.6mmのメレダイヤ用のエタニティリング枠がございまして、
2ピース当店で追加してトータル26ピースで0.47ctの4分の3エタニティリングにリフォームすることができましたぴかぴか(新しい)

★ アフター ★
RIMG0021.jpg

ダイヤモンドが26ピースもあるのでハーフエタニティリングではなく、もっと後ろの方までダイヤが来る4分の3エタニティリングとなりました。
これも意図していた訳じゃなくて、たまたま直径が1.6mmのメレダイヤ用のエタニティリング枠がこちらしかなかったからなのですが。
1点の古いダイヤモンドペンダントネックレスから、新しいペンダントネックレスと新しいエタニティリングができましたぴかぴか(新しい)
O.Sさま、この度も遠方にも関わらず大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。
「昔は好きでよく身につけていたけど、ここ数年はなんとなく気に入らなくなってみにつけなくなった」という理由で、貴女のタンスの中で眠っているジュエリーはありませんか?
ジュエリーにはネックレスチェーンの種類や太さ、リングの幅、メレダイヤ1つ1つの留め方等、「ちょっとしたこと」に流行がございます。
ほとんどの方はジュエリーの流行なんて意識していない!と思われているのですが、TVのタレントやアナウンサーが身につけているものや、街を行き交う人、親しいお友達など、知らず知らずのうちに他人が身につけているジュエリーが目に入っているのです。ですから、何十年も前にご購入なさった貴女のジュエリーがイマイチなデザインになってしまったのを「なんとなく」気がついて最近では身につけられなくなってしまったのではないでしょうか?
ジュエリーはお洋服のように古くなったら捨ててしまうようなものではありません。
是非、新しいデザインにリフォームして再び身につけてください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。