はぎ妻でするんるん
今日は、以前に当店でエメラルドリングをリフォームされたY.Sさまよりあらたなリフォームのご依頼をおうけいたしましたのでご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

今回、お持ち頂いたのはダイヤモンドリングとダイヤモンドペンダントの2点です。

最初にご紹介するのは、
0.32ctの古いダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0743.jpg

ダイヤをプラチナの覆輪でセッティングされておりますが、
せっかくのダイヤモンドが覆輪であまり光が入らず輝きませんねあせあせ(飛び散る汗)
こちらを今一番人気のメレダイヤ取り巻きのリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0038.jpg

メレダイヤで周りを取巻いているのでとってもダイヤが大きくキラキラしておりますねぴかぴか(新しい)
また、メインダイヤも4つの爪でセッティングされておりますし、
横からも光がたくさん入るので以前よりもずっと輝くようになりました。

RIMG0042.jpg

RIMG0045.jpg
そして、
こちらの0.24ctのダイヤモンドペンダントネックレスです。
* ビフォー *

RIMG0746.jpg

こちらもリングとお揃いの
K18製でメレダイヤ取り巻きスルーペンダントネックレスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0054.jpg

お揃いのリングとペンダントネックレスは、カジュアルに今後もヘビロテしていただけそうですね黒ハート

Y.Sさまこの度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
全く同じ大きさの宝石で同じデザインのリングでもプラチナやホワイトゴールド製か、あるいはK18イエローゴールド製なのかで印象は全く変わってまいります。
プラチナ製等はちょっとフォーマルな印象になりますし、イエローゴールド製は東洋人の肌に馴染むせいかカジュアルな印象になります。また、サファイア等の色石でもイエローゴールド製にされますとカジュアルで可愛らしい印象になるんです。
どちらの金属を選ばれるかはお好みですが、カジュアルを中心に身につけたいとお考えでしたらイエローゴールド製をお勧めいたします。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ