はぎ妻でするんるん
今日は、M.Yさまよりご依頼頂いたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

M.Yさまはお母様よりこの度、こちらのピンクダイヤモンドのリングを譲り受けられましたぴかぴか(新しい)
0.904ct 爪が上下にあるのでマーキスに見えますが、オーバルカットです。

* ビフォー *
RIMG0080.jpg

ダイヤは珍しいピンクダイヤですし、オーバルカットもアンティークで素敵なのですが、
この愛想のない枠では可愛く身につけられませんあせあせ(飛び散る汗)
オーバルのダイヤを横置きにしたk18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしました黒ハート

* アフター *
RIMG0020.jpg

今度は4点留めでセッティングされておりますので
オーバルカットがはっきりわかりますね。

RIMG0027.jpg

RIMG0033.jpg

もう1点お持ち頂いたのは、
こちらも古いダイヤモンドペンダント0.10ctです。

* ビフォー *
RIMG0082.jpg

こちらをシンプルなガードル巻きのプチペンダントへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0038.jpg

M.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ダイヤモンドの代表的なカットはラウンドブリリアントカットという基本58面体カットです。
ダイヤモンドは光の屈折率が最も高い鉱物ですので、ラウンドブリリアントカットは光学的にその特性を最大限に活かしているカットと言われております。
ですが、ダイヤモンドのカットはその他にもいろいろございましてプリンセスカット、マーキス、ペアシェイプ等々のファンシーカットもたくさんございます。
一番ダイヤモンドがよく輝くのがラウンドブリリアントカットですが、その他のファンシーカットもブリリアントカットとはまた違った個性的な輝きを楽しむ事ができますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ