0.3ctダイヤリングリフォーム*6点留めエタニティ風リングへ【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は何度か当店でリフォーム等をしてくださっておられますK.Yさまよりダイヤモンドリングのリフォームのご相談がございましたのでご紹介いたします。


お持ち頂いたのは、以前にご家族からプレゼントされたH&Cも確認できる0.30ctの素晴らしいダイヤモンドリングです

* ビフォー *




ダイヤモンドの品質は最上級の素晴らしい物なのですが、
当時ご自分のご希望で入れていただいたというトルコ石の脇石やご婚約指輪のようなフォーマルなフォルムのせいでずっと身につけられなかったそうなんです


ダイヤの指輪は他にいくつかお持ちなので「ペンダントへ」とご希望されていらっしゃいましたが、
こんなに良い品質のものをペンダントになさるなんてもったいない
ペンダント用のダイヤはもっと品質が落ちても大丈夫ですし、
何よりペンダントの方が指輪より断然落としてなくす可能性が高いのです。

それなら指輪へ、ということで、
お好きなK18イエローゴールド製で6点留めの華奢なエタニティ風リングへリフォームいたしました。

* アフター *




流石に良いダイヤモンドなので、
こんなにカジュアルな指輪枠にリフォームされても美しさは変わらないばかりか
以前の枠のときより存在感はアップしてますね








直径1.3mmのメレダイヤを共爪でセッティングしておりますので、
アームはとっても華奢でキラキラしていますよ




K.Yさま、この度も大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ジュエリーリフォームなさる前に、ネットの画像ばかりご覧になっておられるのはあまりお勧めいたしません。
まず、デパート等のジュエリーショップでいろいろなデザインを直接ご覧になって、今どういうジュエリーが主流なのか実物をたくさんご覧になった後に、雑誌やネットの写真等をご覧になってみてください。
ジュエリーは大変小さく繊細な物ですから、写真だけでご覧になると実際には見えないような爪まで大きく写っているため「派手」だったり「ゴツゴツ」していたり見えるようです。
実際のジュエリーをご覧になられると昔に比べ、うんと爪も小さくなっておりますし、台座の高さも低いですし、昔よりもっと細かい細工が施されている物が多いのです。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。