10ピースで1ctのメレダイヤをリングとネックレスへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はH.Rさまよりお持ちいただきましたメレダイヤのリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、

10ピースでトータル約1ctの古いデザインのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *

10ピースでトータル1ctなら、当然1ピースが0.1ctでしょう!?

と、普通は思われるかもしれませんが、
こちらのメレダイヤの直径、微妙に0.4mm程度直径に幅がありました

メレダイヤのリフォームって、0.1mmでも枠とサイズが合わないとセッティングできないので
大きさがそれぞれ違うとリフォームが難しいことがあるんです

ですが、
今回の場合2点の新しい素敵なジュエリーにリフォームさせていただきました

まず最初にご紹介するのは、

5ピースでトータル0.38ctのK18イエローゴールド製ハーフエタニティリングです

* アフター *

ダイヤの間の丸い金属部分は爪なのですが、
いい感じでリングのアクセントになっていて素敵ですね

残りの5ピースは、
トータル0.63ctのガードル巻きステーションネックレスに生まれ変わりました

* アフター *

チェーンは丸アズキ(φ0.28)45cmスライドアジャスター付きチェーンを使用しております
身につけられなかった古いデザインのリングが最新流行の素敵な2点のジュエリーに生まれ変わりましたね
H.Rさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。

何十年も前にご購入なさったり、あるいは古いデザインのジュエリーをご家族の方から受け継がれたり、などの場合、どんなに高価なジュエリーでも「古いデザイン」のせいで身につけられないのです。
身につけられなくても「このまましまっておけばいい」と、タンスの中にしまっておくのは勿体無い話です。
ですが、もし別のデザインにリフォームなさっても、それが身につけにくいデザインだったらさらに勿体無い話ですよね?
ジュエリーリフォームなさる際には、まずデパートのジュエリーショップなどで実際最近どの様なデザインが流行っているのかチェックなさって下さい。
ご自分が「身につけやすい」と思っているデザインでも実は少し流行遅れで、せっかく思った様にリフォームなさっても身につけにくくなるというケースは案外多いのです。
当店ではリフォーム後に長く身につけていただけるよう、なるべく現在主流のフォルムやデザインのものへのリフォームをお勧めしております。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークお問い合わせもできますよ。
友だち追加