ダイヤ一文字リングをK18リングとピアスへリフォーム

はぎ妻です

今日は西宮からお越しいただいたY.Nさまダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、

5ピースでトータル1ctのダイヤモンド一文字リングです。
* ビフォー *

イヤモンド1ピースは、計算上約0.2ct程度もございます

結構な大粒ですので、身につけやすいよう1ピースずつそれぞれをリフォームなさることになりました。

まずこの中からよく輝いている1ピースをチョイスして

K18イエローゴールド製でメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

こちらのリング枠は
メインダイヤの周りのメレダイヤは共爪でセッティングされておりますが、
アーム部分は彫留風になっています、

よくリフォームさせていただくのが0.3ct以上の大きさのサイズしかないのでこちらの類似枠になりました。

こちらはこちらでちょっとしっかりしていていい感じなんです

またk18イエローゴールド製なのでカジュアルで身につけやすくなりましたね。
次に、

残りの4ピースですが、2ピースは取り敢えずお返し差し上げて、

もう残りの2ピースでK18イエローゴールド製4点どめスタッドピアスへリフォームいたしました
* アフター *

お返しした残り2ピースは、慌てずまた何かへリフォームなさることをお考えいただければと思います。
Y.Nさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

今日ご紹介したダイヤモンド一文字リングのような集合石の場合、同じように全ての石を使用したハーフエタニティリングへのリフォームが一般的です。
だけど、1ピースのダイヤが0.1ct以上の場合、ハーフエタニティリングへリフォームしても台座が低く爪が小さくなっただけで、人によってはボリュームがありすぎて、やっぱり身につけにくい!というケースもない事はありません。
そうした場合、今回のリフォームのように1ピースずつをメインに持ってくるような形でリフォームをお考えになられたほうが、よりデザインのバリエーションがあって身につけやすい形に生まれ変わりますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加