古いエンゲージリングをピアスとリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、F.Nさまよりご依頼いただきましたダイヤモンドリングのリフォームです。

お持ちいただいたのは、ご自身の0.418ctダイヤモンドのエンゲージリングです
* ビフォー *

1粒ダイヤモンドのエンゲージではなく、

脇石が1つずつセッティングされているデザインですが、
やはり

THE エンゲージリング

といったデザインでオシャレに身につけにくいためリフォームなさりたいとのご相談でした

こちらを

オシャレな6点留めのエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

そして、

両サイドにセッティングされていた2つのメレダイヤ

0.06ct × 1ピース
0.05ct × 1ピース

は、6点留めのピアスへリフォームさせていただきました
* アフター *

なかなか脇石(メレダイヤ)のサイズに合う枠が無いのですが、

ギリギリの大きさでシンプルなピアスへリフォームすることができました

F.Nさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

リングをリフォームなさる際、「脇石も全て使ってリフォームしたい」とのご希望を伺うことがございますが、ほとんどのリフォームの場合メインの宝石だけを使用することになります。
理由は、メインのダイヤと脇石のサイズにちょうど合う枠が無いからです。
仮に全部使えるとしても以前とさほど変わらないデザインだったりと、わざわざ脇石を使用してなさるほどのデザインではなかったりします。
今日のリフォームでは、脇石をピアスへリフォームさせていただきましたが、メレダイヤがこれ以上小さすぎると合うピアス枠もございませんので、脇石を活用なさることを考えるより、メインの宝石をご自身が身につけやすいデザインにリフォームなさることを優先で考えた方が絶対いいですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加