お母様のダイヤと真珠をカジュアルにリフォーム

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、昨日ご紹介させていただいたS.Sさまとご一緒にご来店くださいました、もうお一人のお嬢様M.Eさまよりご依頼いただきましたリフォームです。

ご相談いただきましたのは、
お母様より受け継がれました真珠リングとダイヤモンドリングの2点です

最初にご紹介するのは、

直径9mmの真珠リングです
* ビフォー *

大きい爪でセッティングされていて、

このままのデザインでは到底身につけられませんね

こちらをカジュアルに身につけられるよう

K18イエローゴールド製のシンプルなリングへリフォームいたしました
* アフター *

こちらでしたらカジュアルなお洋服にも合いそうですね
次にご紹介するのは、
お母様のご婚約指輪だった0.35ctの立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

こちらを
素敵な八角形フォルムのリングへリフォームいたしました
* アフター *

ダイヤモンドリングの方は、シンプルというよりおしゃれでスタイリッシュなリングに生まれ変わりましたね

ダイヤモンドリングはシンプル過ぎると逆にフォーマルな印象になってしまいがちなので
できたらファッションリングっぽいデザインになさった方が、カジュアルに身につけられますし、もちろんフォーマルなシーンでも素敵な印象で身につけていただけます

M.Eさま、この度は大切な真珠とダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

ダイヤモンドっていくら1ctの大粒ダイヤモンドでも直径が7mm以下なんです。一方、真珠は小さくて直径7mmぐらい、しかも球状なのでダイヤモンドと比較して大変ボリュームがあります。
また、色石などもダイヤモンドより場面の広いものが多いですね。場面の大きい真珠や大粒の色石などはシンプルなリングデザインでも場合によってはカジュアルで身につけやすいのですが、ダイヤモンドはシンプル過ぎるとエンゲージリングのような印象になってしまって、フォーマルなシーンでしか身につけられない印象になるので要注意ですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加