ルビーリングとダイヤリングをそれぞれ素敵にリフォーム

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、滋賀県よりご来店いただきましたA.Kさまリフォーム2点です。

最初にご紹介するのは、

0.315ct(3mm×5mm)のルビーリングです
* ビフォー *

このままのデザインではちょっと古くて身につけられないので、
K18イエローゴールド製でルビーを横置きにしたエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

古い枠の時はルビーの裏側が汚れていたので、
リフォームする前に洗ってあげると見違えるように透明感のある綺麗なルビーで素敵なリングに生まれ変わりました

つぎに、

一緒にお持ちいただいた0.726ctのダイヤモンドリングです
* ビフォー *

ハート&キューピッドが出る大変綺麗なダイヤモンドですねhttps://i2.wp.com/hagino-shop.com/word/image/emoji/00.gif?ssl=1

デザインはそれほど古いわけではありませんが、
爪が少し大きいです

こちらを4点留めのカジュアルリングへリフォームいたしました
* アフター *

カジュアルなお洋服でもフォーマルなお洋服でもどちらでも合う身につけやすいリングに生まれ変わりましたね
A.Kさま、この度は大切なルビーとダイヤを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

ご自身がお持ちのジュエリー、特に宝石の付いているリングをご覧になるとご購入時より輝きや透明感が無いように見えませんでしょうか?
多くの場合、宝石がくすんでいるように見えるのは、宝石の裏側に汗や化粧品などが付着して宝石に光が入りにくくなっているために宝石が輝かなくなったように見えるだけなんです。真珠以外の宝石は古くなったからといってほとんどのものは経年劣化することはございません。(硬度の低いものは使いキズでくすんでしまうことはございます)
クリーニングしてあげたら元通りになることがほとんどです。ただし、古くなったデザインは、残念ながらクリーニングしても新しくなりません。
是非、心ときめくようなデザインへリフォームしてご自身を喜ばせるアイテムとして身につけてください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加