ご家族の立爪ダイヤを素敵なエンゲージリングへリフォーム

はぎ妻です

今日はU.Mさまよりご相談いただいたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、

0.80ctの古い立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

この度ご結婚なさることになり、ご家族の方から受け継がれたそうなんです。

こちらのダイヤモンドを
ご自身がなさりやすいようK18イエローゴールド製で

人気のメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました。
* アフター *

可愛いくて素敵なエンゲージリングに生まれ変わりましたね
純白のエンゲージリング用のケースにお納めしてお渡しいたしました

最近のエンゲージリングで、こんなに大粒なダイヤを頂ける方も少ないですが、

こちらのデザインだとゴージャス感が増しますね

U.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当点でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

20代ぐらいのお若いお嬢様ですと「小さいダイヤモンドリングの方が可愛いから好き」とおっしゃる方が多いですね。
また、エンゲージリングのダイヤモンドを選ばれる時に大きさより品質重視の傾向にあるあります。もちろん通常、エンゲージリングのダイヤモンドは品質が良いものを選択されるものではありますが。
それは今に始まった話ではなく、30年ぐらい前でもお若い方は「小さいので良い」と思われる傾向にあったのですが、年齢を重ねていくと「もっと大きなダイヤにすればよかった!」と、結構後悔されるお話を度々伺います。
もしご家族の方のダイヤモンドを頂いて「大きすぎる!」と感じたとしても、後10年もすると「この大きさで本当に良かった!」と感じると思いますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加