お母様の立爪リングと立爪ペンダントをリフォーム

はぎ妻です

今日は、T. Tさまよりご依頼いただきましたダイヤモンドリフォーム2点をご紹介いたします。

最初にご紹介するのは、

お母様のご遺品である0.35ctの立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

大切なお品ですが、このままでは身につけられません

こちらを、

K18イエローゴールド製でメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

そして、
こちらはご自身がお持ちの0.308ct立爪ダイヤモンドペンダントネックレスです
* ビフォー *

チェーンも太いですが、やはり立爪が大きすぎて

このままでは身につけられませんね

こちらはプラチナ製でシンプルな

4点留めスルーペンダントネックレスへリフォームいたしました
* アフター *

古い立爪のダイヤモンド2点とも、これで身につけられるようになりましたね
T. Tさま、この旅は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

30年ほど前までは、ある程度品質の良いダイヤモンド製品はリングもペンダントも全て「立爪(三角爪)」でした。
その当時、立爪(三角爪)の枠が最もダイヤを美しく輝かせると言われていたからです。ですが近年、工具の発達により職人の技術も向上、昔よりも繊細な加工が可能となりました。
その結果、爪が小さく台座が低く可愛らしいデザインのダイヤモンド枠でも、ダイヤモンドに光が入り美しく輝くようになったんですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加