ダイヤモンド2点をミル打ちリングとペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、A.Yさまよりご依頼頂きました2点のダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

最初にご紹介するのは、

0.702ctのブラウンダイヤモンドのルースです
* ビフォー *

こちらを、
K18イエローゴールド製で4点留めのミル打ち アンティーク風リングへリフォームいたしました
* アフター *

そして同時にお持ちいただいたもう1点は、
0.85ctの立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

こちらは、
リングとお揃いのK18イエローゴールド製でミル打ちスルーペンダントネックレスへリフォームいたしました
* アフター *

ミル打ちで、優しく高級感のあるジュエリーに生まれ変わりましたね

A.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ミル打ちは大変古くからある技法で、古くからあるアンティークジュエリーにも施されていることから、ミルが打ってあるとアンティークな印象になります。
それだけではなく、ミル打ちは、金属のキラキラ感をマットな印象に変える効果もあり、優しくフェミニンな雰囲気を演出してくれます。
写真では近づいて接写での撮影なのでミルのドットが大きく見えますが、実際には大変細かいドットです。(製品によってドットの大きさは違いますが)

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加