クリソベリルキャッツアイを、おしゃれリングにリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、昨日ご紹介させていただいたS.Tさまクリソベリルキャッツアイのリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、

3.56ct(10mm × 8mm)のクリソベリルキャッツアイの古いリングです
* ビフォー *

こちらもやはりバブル期のジュエリーなのか、テーパーダイヤの主張がものすごいですね

クリソベリルキャッツアイは大変希少で高価な宝石の1つなのですが、
ちょっと地味に見えてしまうのが残念なところです
それで昔はこういう風にテーパーなどを周りに散りばめて、できる限り派手にしたのでしょうけど、
今のままのデザインでは当然身につけられませんね。

こちらをカジュアルに、そしてオシャレに身につけられるように、

クリソベリルキャッツアイを横置きにしたK18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

イエローゴールドの枠とクリソベリルキャッツアイが融合すると、クリソベリルキャッツアイ自体の印象が非常に明るく感じられるようになりました

また、キャッツアイ効果のある宝石なので「縦置き」にした方が「キャッツアイらしい」のですが、
今回は「クリソベリルキャッツアイ」を「身につけやすいよう」にしたいため
敢えて「横置き」のリング枠をお勧めさせていただきました

キャッツアイ効果が横向きになりましたが、すごくおしゃれで素敵な印象ですよね?

S.Tさま、この度は大切なクリソベリルキャッツアイを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございます。

宝石をリフォームなさる時、最優先に考えるべきこと、それはご自分のお好みです。
ご自分が「こうしたら可愛くなるかも?」とか「こういうフォルムのリングが好き」などのお気持ちからデザインをチョイスなさってください。宝石によってはご希望がそのまま叶わないものもございますが、できる限りご自身のご希望に近いデザインにご決定されることをお勧めいたします。
「この宝石の色味にはプラチナじゃないとダメ」とか「この宝石は縦置きにしないと特徴が活かせない」などと宝石のことを最優先に考えられると、せっかくリフォームなさってもご自身が好きになれない仕上がりになっていて、結果、また身につけられないジュエリーになってしまっている可能性が大です。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加