プラチナが偉いのか?

日本人はプラチナが大好きです。
でもプラチナってそんなに価値があるの?
という疑問に本日はお答え致します。

宝飾品に必要な地金の要件は
1:変色しないこと
2:変形しにくいこと
3:キズが付きにくいこと
4:重すぎないこと
等と思います。
K18ホワイトゴールドとプラチナを比較すると
1:同じ
2:ホワイトゴールドの勝ち
3:ホワイトゴールドの勝ち
4:ホワイトゴールドの勝ち
となります。

でもプラチナと金じゃプラチナの方が高いやん、とおっしゃるあなた、
今プラチナは1g4,000円、金は2,100円ですけど、昔、金のほうが高い時代があったんですよ。
実は今プラチナがこれだけ高いのは、中国での自動車生産量が激増していることが一番の要因なのです。
排気ガスをクリーンにするための触媒にプラチナが使われ、そのためプラチナが品薄になっているんですねえ。
だから値段が高騰している。

じゃ、ずっと高いままなのか?
それは分かりません。
プラチナに替わる物質が触媒の役目を果たすなら、プラチナ価格は急落する筈です。

もうひとつ、プラチナの和名は白金です。で、元素記号はPtです。
ホワイトゴールドはそのまま訳すと白金ですが、金(Au)パラジウム(Pd)、銀(Ag)の合金です。
つまり全く違う金属なんです。

どっちが良いとかいうつもりは無いんやけど、
現時点でプラチナ価格が高いんなら、ホワイトゴールドのほうが安いからええやん
ちゅうのが僕のスタンスでえ〜す。

※写真は金具部分、右がホワイトゴールドで、左がプラチナです。

<秘密の会合in神戸のお知らせ>
参加される方には月曜日に詳細を書いたメールをお送りいたしました。もし、何も届いていないっていう方は連絡くださいね♪