鑑別書は必要か?

今日は、宝石の鑑定書、鑑別書のはなし。
既にご存じのことも多いと思いますが、まあ聞いて下さい。

先ず鑑定書。
鑑定書はダイヤモンドの品質を表すものです。
このダイヤがどれくらいエエんか、大したことないんか、これで分かります。
ダイヤの場合、例えばカラーグレードがワンランク違えば、取引価格も随分違ってきます。
昔、ある大手鑑別会社が自社に発注の多い会社(大お得意先)のダイヤの鑑定を甘くした事件、ちゅうんがありました。
その会社はかなり制裁を受け、反省したんか,今では一番判定がきつい、と言われてます。

次に鑑別書。
これはその石が、ホンマもんかどうかを証明するものです。
例えば、すごくきれいなエメラルドがあったとします。
エメラルドは非常にキズの多い宝石で、ほぼ100%何らかの処理がなされています。
オイルの含浸、エポキシの注入などです。
でも、鑑別でそれを明らかにできません。
だから「天然エメラルド」と表示した後に
「一般にエメラルドにはエンハンスメントが行われています。」という一文が付いてます。

エンハンスメントて何やねん?ちゅうと、その石が本来もっている美しさをさらに引き出すために手を加えること、とでも言いますか。
これに対して、着色したりして、明らかに本来のものと違う石にすることをトリートメントと言います。

でね、ちゃんとした店なら絶対ニセモノなんて売らないんすよ。
だから僕は、鑑別書なんて基本的に必要無いと思ってます。

写真は、うちのおかんが持ってたエメラルドの鑑別書。