陣内&紀香 結婚披露宴in KOBE

こんにちわ、はぎ妻です♪

昨日ホテルオークラ神戸にて陣内智則さんと藤原紀香さんの結婚披露宴が行われ、日本テレビでその様子が中継された。

何回か有名人の披露宴の様子をテレビで見たことがあったけど、
昨日のは本当に笑いあり涙あり、で中継を見ていても心温まる思いだった。
また地元神戸での中継ということで親しみも感じられた。

郷ひろみも「お嫁サンバ」をノリノリで歌っていて、
さりげなくリオのカーニバルのブラジル人おねーちゃんたちが横で踊っていたけど、あれはたぶん神戸祭りのときにスカウトされたに違いない☆(笑)

料理にも地元の食材をふんだんに使い、神戸の宣伝を率先してやっていただき市民としては嬉しい思いだった。

二人のなれそめや式の前の喧嘩…
「芸能人だから」という見方もあるだろうけど、
普通のカップルでもありうる障害や問題、それらを乗り切ってこれから二人で歩んでいこう!とする前向きな二人に、
私はテレビの前で感動の涙を流し心から祝福の拍手を送った。

常々私は思うのだけど人って必ず人生のテーマが与えられていて、
結婚したらそれぞれのそのテーマを2人で乗り越えていくのだろう。
それは「愛」だの「恋」だのうわべっ面の言葉ではなくて、結構ドロドロしたみっともなく汚らしいものであることが殆どなのではないのだろうか?
それでもそんなこんなで、やっとこさ二人で障害を乗り切るということは、
人生の階段を一段上へと登っていくことなのだろう。
もちろん、1人でその人生のテーマを乗り切るより2人のほうが楽だろうと思うかもしれないが、
2人でいたら問題も障害も2倍。
逆に1人の方がよかった!と思う場合もあるかもしれないのだ。

話はかわって、
実は昨日この中継を見ていたのにはもうひとつ目的があったのだ。
紀香さんのウエディングドレスにつける真珠が神戸の某メーカーから貸与されたものだと聞いたので、それを見てみたかったのだった。
…首元には3連のアコヤ真珠のネックレスとチョーカー。
指には大粒の「白蝶真珠」の指輪が光っていた。

おお〜、いいね〜♪
と、思っていたらスタジオの女子アナが指輪の解説。

「紀香さんの指には18mmのハクチョウ真珠の指輪…」

ハクチョウ…?

ほ〜う、白鳥のデザイン
どれどれ?
ん?
ちがう!

シロチョウ真珠やんか~ぁ!
(((((・□・;;

白蝶真珠と書いてシロチョウ真珠と読みます…。

知らなかった方はこの機会に是非覚えてくださいね。
そして女子アナ…
読み方知らないなら先に辞書調べとけ〜〜〜!(爆)

by はぎ妻

※写真は昨日の披露宴でアコヤ真珠のネックレスとシロチョウ真珠の指輪を身につけた紀香さん。