はぎ妻です

今日ご紹介するリフォームはS.Eさま0.45ctのダイヤモンドです。

お持ち頂いたのは、やっぱり古い立爪のデザイン…。

これじゃ、さすがに身につける気はしませんね


★ ビフォー ★
こちらを今まで何度かリフォームさせていただいている

パヴェ風のゴージャスリングへリフォームしました!
パヴェはもっと小さなダイヤがたくさん留められていて指輪の形状ももっとこんもりしているのですが、

こちらはパヴェよりもっとメレダイヤが大きくてゴージャスなのに「高さ」は全くありません。

★ アフター ★
脇のメレダイヤは2.2mm × 16ピースで、約0.72ctですので、

メインのダイヤと合計すると1ct以上のダイヤモンドリングになりました

このようにゴージャスなんですが、パヴェのように盛り上がりが無いので、もっと上品で洗練され、しかもカジュアル使いもOKのリングに生まれ変わりました!

S.Eさま、この度は大切なリングを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございます!


古いデザインのダイヤモンドがタンスの中で眠ってはいませんか
ダイヤモンドはこの地上で一番硬い鉱物ですので決して古くなることはありません。
でも、立爪等、指輪のデザインはお洋服と同じで時代とともに古くなるものです。
ダイヤモンドは眠らせておいても決して古くはなりませんが、身につけなければ何の価値もありませんから、是非新しいデザインへリフォームして毎日でも身につけましょう

リフォームのご相談はHPをよくお読みの上お問合せくださいませ。


ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントを残す