はぎ妻です

今日ご紹介するのは、今度ご結婚なさるご予定のO.Yさまがお持ちになられた今は天国へ行かれたO.Yさまのおばあさまの立爪の指輪をリフォームしてご婚約者様へ贈るご婚約指輪になさりたいというご依頼です。

O.Yさまがお持ちになったのはこちらの0.37ctの立爪の古いダイヤモンドリングです。



★ ビフォー ★

 

 

こちらをご一緒にご来店いただいたご婚約者様がお好きなデザインに決めて頂くのですが、
いつものエタニティリング風の枠が気に入られていたのですが、
そちらによく似ていますが、メインダイヤを6点留めで留めてエタニティの部分も4点留めでしっかり留めているデザインのものにお決めになられました

★ アフター ★

 

横から見るとこんな感じです。

可愛らしさの中に高級感のあるデザインですね

きっと天国のおばあさまも、かわいいお嫁さんにこんなに素敵になったご自分のダイヤモンドが贈られる事をニコニコしながら喜んで祝福されていらっしゃることでしょう

ご結婚って、結婚前には「二人だけのこと」って考えるのですが、
実際にはお二人のご家族やご友人、回りの全ての方々と深い関係のある出来事なんですよね。
だからこそ、こんな風におばあさまのダイヤモンドをこういう形で引き継げたというのは、おばあさまからも言葉こそありませんが最大級の祝福を頂けた!という感じがします。

O.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございます。


当店では、ご家族の方の古いダイヤモンドを今度ご結婚されるご婚約者様へ贈られるご婚約指輪にリフォームなさる方が増えています。
新しいダイヤモンドを贈られるのもすばらしいですが、
ご家族の方が長年身につけられていたダイヤモンドには素敵な「物語」があります。
指輪の形だけ新しいデザインへリフォームしてダイヤモンドの物語は引き継いでみませんか?

ご相談お見積もりは無料です。


》》 ハギノパールアンドジェム リフォームページ