祖母の遺品のルビーと真珠をリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、N.Sさまのおばあさまのご遺品のジュエリーリフォームです

N.Sさまがこの日お持ちになられたのは2点の指輪です。

まずはルビーの古いリングです。


★ ビフォー ★

 

古いデザインのジュエリーっていうのは、

「なんとなく身につけられない」

という曖昧な印象で、具体的にどう?っていうのが言葉では表現しにくいのですが、
こちらのリングはやはりデザインが古いですし、ちょっとゴージャスなお席向きな印象でカジュアルなお洋服には不向きですよね

こちらを横置きにして、今流行の華奢でかわいらしいエタニティ風リングへリフォームいたしました。


★ アフター ★

 

次に9mmUPのアコヤ真珠の古いリングです。

通常、アコヤ真珠って30年位が美しさの寿命とされています。
他の宝石と違ってタンパク質等で出来ているので
どうしても劣化して黄色くなりテリが無くなってくる物です。

ですが、こちらの真珠はこんなに古い何十年か前の枠から想像するとその寿命分位は生きているはずなのに、
とってもテリが良くて若々しいんです
それは真珠の巻きが厚いから通常のものより劣化が遅くなっているということなんですよね。
おばあさまは良い真珠を残してくださいましたね


★ ビフォー ★

 

枠から真珠を外してしまった後の撮影で失礼しました

真珠を守るように太い4つ爪があるのがなんか、、、なんですよね

真珠の指輪の枠って真珠という形状上、あまり多くのデザインはなく流行もダイヤの指輪等に比べたらあまりないのですが、
やはり台座の高さと爪の有る無し等のほんの些細なことで身につけにくいんですよね。

こちらをメレダイヤを立てに2ピースずつセッティングしたシンプルですが綺麗なリングへリフォームいたしました。



★ アフター ★

 

 

いかがでしょうか?
こちらでしたら、フォオーマルなお席はもちろんのこと、
普段のショッピングやランチ等のカジュアルなお席になさって行かれても全然おかしくないばかりか、
とっても素敵な指輪に生まれ変わりました

N.Sさま、この度は大切なご遺品を当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


大切なご家族のご遺品はかけがえの無いものですね。
捨てることはできないのはもちろんですが、
しまっておいても故人は喜ばれません。
「私の宝石誰か身につけてくれたらいいのに…」
と、きっと天国で思っていらっしゃっているはずです。
新しいデザインにリフォームしたらお若いご遺族の方も身につけることができますし、
なにより最高に美しい「お守り」になること間違い無しです

リフォームのご相談、お見積もりは無料です。


》》ハギノパールアンドジェム リフォームページ