3つの古いダイヤモンドリングをそれぞれリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、大阪からご来店いただきましたH.Kさまのジュエリーリフォームですぴかぴか(新しい)
H.Kさまはたくさんの古いジュエリーをお持ちになられましたが、
その中から4点のリフォームをご紹介いたします。

まずは、1.13ctの立爪のダイヤモンドリングです。

★ ビフォー ★
RIMG0010.jpg



ダイヤは大きくてきれいなのですが、こういう「立爪」の指輪って高さはあるし、爪は尖っていて凶器のようですし(笑)、もうこのままのデザインで指にはめていらっしゃる方自体、最近ではすっかりみかけなくなりましたねたらーっ(汗)
こちらを、普段使いしやすいk18イエローゴールド製のハーフエタニティリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

★ アフター ★
RIMG0048.jpg



腕には直径1.7mmのメレダイヤが12ピースセッティングされています。
指輪の腕の幅はメレダイヤの直径とほぼ同じなので華奢でかわいいフォルムです。
1ctUPのダイヤモンドリングをカジュアルに身につけられるうってつけのデザインですね黒ハート

次に、

こちらの0.511ctのダイヤが埋込まれた古くて太めのリング


★ ビフォー ★
RIMG0008.jpg



10年程前でしょうか?
こういう風にダイヤが指輪に埋込まれていて「出っ張りがない」デザインが少し流行ったのは。
確かに出っ張りはなくて引っかかりにくいデザインではありますが、
ダイヤモンドの高さ分、周りの金属も「盛り上がっている」ために太くてメンズリングのような印象になり逆に使いにくいでざいんとなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
こちらを、先程の1ctUPのデザインと同じでK18ホワイトゴールド製の指輪にリフォームなさいました。


★ アフター ★
RIMG0053.jpg



同じデザインのリングでも金属の色が違うと印象ががらりと変わりますねぴかぴか(新しい)

そして、

H.Kさまがお持ちになられたダイヤモンドの中では一番小さい0.37ct(一般的には決して小さくないですがあせあせ(飛び散る汗))のダイヤモンドリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0014.jpg



こちらも先程のビフォーデザインと同じようなダイヤが埋込まれたメンズリングのようなリングです。
こちらは、k18イエローゴールド製でメレダイヤでメインダイヤを取り囲んだ人気急上昇グッド(上向き矢印)のリングデザインにリフォームなさいました。


★ アフター ★
RIMG0052.jpg
最後に、こちらのご家族の方から受け継がれた赤い色の石。。

7.27ctもあってかなり大きめです。

★ ビフォー ★
RIMG0019.jpg



石が大きいので、以前にも他の方で何回かお作りしたことのある、
爪が大きくシンプルで個性的なリングにリフォームいたしました。

★ アフター ★
RIMG0057.jpg



石が大き過ぎてリングデザインが正面からわかりにくいので、
斜めから写した写真もどうぞ!!

RIMG0003.jpg

H.Kさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます!!!


昔買ったジュエリーやご家族から受け継がれたジュエリーをいくつか持っているけど、
デザインが気に入らなかったり古かったりで今ではまったく身につけなくなってしまい宝石箱にしまいっぱなしって方は意外に多くいらっしゃるようですね。
ジュエリーは持っていることに価値があるものではなく「身につけることに価値があるもの」なのです。
持っているのに最近はジュエリーを身につけなくなったというのは、貴女のライフスタイルが変化したせいではなく、貴女がお持ちのジュエリーのデザインが古くて身につけにくくなっただけなんです。
はっ!とした貴女は是非当HPのリフォーム例などよくご覧の上当店に是非ご相談くださいね。
お見積もり、ご相談は無料ですよ!

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ