2つの古いダイヤモンドリングをそれぞれキラキラにリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、K.Mさまがお持ちになられた古い立爪のダイヤモンドリング古い一文字リングのリフォームですぴかぴか(新しい)

まず、
こちらがお持ちになられた0.76ctの立爪ダイヤモンドリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0211.jpg



大粒で大変きれいなダイヤモンドなのに、この立爪っていうデザインは高さが尋常じゃない位ありますし、
爪もある意味ダイヤモンドより主張していて目立っていますし、尖っていて、
非常に身につけにくいんですねあせあせ(飛び散る汗)
こちらをちょっと太めのハーフエタニティリング風のカジュアルにも使いやすいおしゃれなリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


★ アフター ★
RIMG0063.jpg



太めのハーフエタニティ風って他にもあるので、最近出た枠が若干こんもりしたデザインの分です。
横から見るとデザインが違うのでご紹介しますが、高さはありませんのでご安心を揺れるハート

RIMG0074.jpg
次に、

ご一緒にお持ち頂いた5ピースで0.66ctの古いダイヤモンドの一文字リングですが、
あいにく写真を取り忘れておりましたたらーっ(汗)
昔の一文字リングって今で言うところのハーフエタニティリングなんですが、
枠の高さがあってとても突き出ていて爪も大きくて使いにくいんですあせあせ(飛び散る汗)
こちらを、2ピースダイヤを当店で追加でご用意させていただいて、
7ピースでトータル0.959ctのキラキラゴージャスなハーフエタニティリングに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)

★ リフォーム アフター ★
RIMG0084.jpg



それぞれ1点ずつ身につけても、素晴らしい存在感できれいなのですが、
2点を重ねづけなさったらメレダイヤも含めると2ct弱のゴージャスな輝きになりますぴかぴか(新しい)

RIMG0095.jpg

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


20〜30年位前のデザインのジュエリーって、みんな「宝石を大きく」見せるために台座を高くしたり、爪を大きくしたりしていました。
海外では今でも一部のブランドで台座の高さが当時ぐらい高い物もあります。
西洋等のジュエリー先進国ではソーシャルパーティ等が開催されることがよくあり、ジュエリーはそうしたフォーマルなシーンで身につけるため用で普段使いを考えてはデザインされていなかったのだと思います。
今、日本で流行っているジュエリーデザインの主流は台座の高さが低く爪も小さなものでカジュアルなシーンでも身につけやすい物です。
日本ではジュエリーはフォーマルなシーンで身につけるのはもちろんのこと、カジュアルなお出かけやショッピング、お友達とのランチの時等におしゃれにどんどん身につけられるものに人気があります。
カジュアルで身につけやすいようなデザインでも、ダイヤモンド等の宝石ならばフォーマルなパーティー等のシーンで身につけられても全くおかしくないばかりか、洗練されたデザインでお祝いのお席を盛り上げてくれることでしょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ