お母様の形見の指輪をリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、I.Eさまがお持ちになられたお母様のご遺品のジュエリーリフォームです。

2点ございまして、
最初にご紹介するのはこちらの2ctUPのガーネットの指輪です。


★ ビフォー ★
RIMG0022.jpg



実はね、こちらをI.Eさまがお持ちになられたとき、
うちのデザイナー(はぎちゃん)が
「残念ながら、こちらは贋石(偽物)です」
と、本当にたいへん失礼なことを申し上げてしまったんですあせあせ(飛び散る汗)
その理由は、ご来店が日没後で窓からの光が無く暗かったから、というのもありますが、
古い指輪の中にはルビーのように見せかけたピンク色や赤色の、丁度I.Eさまがお持ちになられた大きさ位の贋石が
時々見受けられるためです。
また、こちらの石はお持ちになられた状態でたいへん汚れておりました。。。
表面の汚れが激しくて光をほとんど通さなかったので、一見贋石のように見えたのでした。
ですが、こちらの指輪はI.Eさまのお母様が50年以上前にご婚約指輪としてお父様から贈られた大切な大切な指輪だとのこと。
「もしかしたら?」
と思い、超音波洗浄機で指輪をさっと洗って見ると、
今までのどんよりとした色が消え、突然キラキラぴかぴか(新しい)と美しい宝石の輝きを見せてくれたのでしたexclamation
ビフォー写真はその直後の物ですが、
この後、石を枠から外し石の裏の汚れを拭き取ってあげると
まばゆいばかりにぴかぴか(新しい)キラキラキラキラぴかぴか(新しい)と光を放ち始めたのです。

そして、仕上がりはこちら!


★ アフター ★
RIMG0007.jpg



横置きでイエローゴールド製のエタニティリング風のデザインへ生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)
こちらの石はおそらくガーネットの一種と思われますが、
一口にガーネットと申しましてもいろんな色合いの物があるんです。
こちらのガーネットは光の反射具合によって赤紫にも見えますし、濃いピンク色にも見えますし、とにかく不思議な色合いと、怖いぐらいに輝くガーネットです。
石の種類は機械等できちんと測定しなければはっきりは申し上げられませんが、
まるでI.Eさまをこの石の中から守りたい!というお母様の声が聞こえて来るかのような威厳と美しさと優しさを感じるとても不思議な石でした。

そしてもう1つのリフォームはこちらです。

★ ビフォー ★
RIMG0024.jpg



こちらは5ピース(トータル0.28ct)だけダイヤモンドをリフォームして、
先のガーネットリングと重ねづけもできるよう一文字リングにリフォームいたしました。


★ アフター ★
RIMG0028.jpg



2つのリングを重ねづけすると、

RIMG0048.jpg



素敵ですね黒ハート
I.Eさま、どうぞいつまでも大切になさってくださいね。

この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


宝石は身につけてこそ価値があるものです。
宝石を身につけるのは見栄のためではないのです。
宝石には、貴女を輝かせ、守るパワーがあると考えます。
宝石箱に眠らせておいても何の役にもたちませんよ。
今は昔と違ってカジュアルに身に付けやすいリングデザイン等たくさんありますから、
身につけやすいデザインにリフォームしていつでも宝石と一緒にお出かけしてみませんか?
リフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ