ダイヤと真珠を余すこと無くリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、N.Yさまよりお持ちいただいたダイヤモンドと真珠のリフォームです。
まず、初めにダイヤのリフォームからご紹介いたしますね。
こちらがN.Yさまがお持ちになられた0.27ctの古いダイヤモンドの指輪です。

立爪ですが周りにk18の装飾がされているので立爪の流行も終わり辺りの製品かと思いますが、
立爪は台座の高さもかなりありますし、デザイン的にもかなり古い印象ですからせっかくのダイヤもお使い頂けませんねあせあせ(飛び散る汗)


★ ビフォー ★
RIMG0002.jpg



こちらを人気急上昇中グッド(上向き矢印)
メインダイヤの周りを小さなメレダイヤで取り巻いた華奢でかわいい指輪へリフォームいたしました!ぴかぴか(新しい)


★ アフター ★
RIMG0117.jpg
次に、

こちらのアコヤ真珠の7.5mm珠の指輪です。


★ ビフォー ★
RIMG0006.jpg



こちらを縦にメレダイヤが2ピースずつついているシンプルで華奢な指輪へリフォームいたしました。


★ アフター ★
RIMG0133.jpg
そして最後に、

こちらの小さなダイヤが付いたペンダントネックレスとアコヤ真珠のイヤリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0008.jpg



こちらのダイヤとアコヤ真珠2つの全てを1つにまとめて素敵なペンダントネックレスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


★ アフター ★
RIMG0142.jpg



デザインが古くて使いにくかったせいで最近では全く身につけられなかったダイヤモンドと真珠のジュエリーを
余すこと無くリフォームさせて頂く事ができましたexclamation

N.Yさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


お若いお嬢様がお母様やおばあさまからジュエリーを受け継がれる時、そのほとんどが何十年も前にご購入なさったお品であるためにデザインがとてつもなく古くてかわいらしくないものです。
お若い方はいわゆる「アクセサリー」はお持ちでも、「ジュエリー」に接したことがないためにデザインだけをご覧になって「こんなのいらない」「私身につけたくない」とおっしゃる場合がほとんどです。
ジュエリーで大切なのは「宝石」の部分ですから、デザインが古いようでしたら受け継がれる方のお好みに合わせていくらでもリフォームで変えることができるのです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ