2度目のジュエリーリフォームはお母様とご一緒にご来店【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん
今日は数年前に当店でジュエリーリフォームをご依頼ただいた事のあるH.Nさまが今回はお母様とご一緒にご来店頂きまして、新たにご依頼頂きましたジュエリーリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

まず、初めにH.Nさまご本人のリフォームからご紹介いたします。
こちらは以前、リングだった物をリングアーム部分を切り取ってペンダントトップにリメイクさせていただいたものです。

* ビフォー *
RIMG0030.jpg

センターのダイヤモンドは0.512ctもございまして、品質も良いので前回もリングにリフォームなさる方がよろしいと申し上げたかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
そのときは、別のダイヤモンドをリングにリフォームされた事もあって、こちらはペンダントにさせていただいたようです。
「やっぱり、リングに…」
と、今回思い直されたそうで、
カッチリ系の人気のリングにリフォームさせていただきましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0120.jpg

以前のお星様モチーフのダイヤよりもぐんとオトナっぽくなり、ダイヤモンドも活かされましたねぴかぴか(新しい)
次に、
お母様がお持ちになられた0.3ctのダイヤモンドですが、
あいにくビフォー写真が見当たらず、写し忘れてしまったようで申し訳ございません。
リフォームアフターの写真になりますが、仕上がりはこちらですexclamation

* リフォーム アフター *
RIMG0128.jpg

一見パヴェリングに見えるかもしれませんが、
ラージメレダイヤが2段でトータル20ピース、0.57ctもセッティングされていますぴかぴか(新しい)
パヴェはもっと極小さいダイヤがこんもりした枠に埋込まれている物なので、
断然、今回お作り頂いたリングの方がキラキラぴかぴか(新しい)輝いておりますぴかぴか(新しい)
つぎに、こちらの1.111ctのダイヤモンドの古いネックレスです。
* アフター *
RIMG0025.jpg

こちらはk18でシンプルに4点留めスルーペンダントネックレスにリフォームいたしました黒ハート

* アフター *
RIMG0135.jpg
最後に、
こちらのサファイアのメレとダイヤモンドのメレのペンダントトップです。

* ビフォー *
RIMG0028.jpg

メレダイヤが7ピースで0.54ctございます。
こちらをK18イエローゴールド製のステーションネックレスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0141.jpg

45cmスライドアジャスター付き丸アズキチェーンでお作りいたしました。
ダイヤはガードル巻きという、ダイヤのガードル部分だけ金属を巻いている留め方です。
前から覆輪留めと同じですが、後ろはダイヤのキューレットがむき出しになっていますので、もしもダイヤがひっくり返ってしまってもあまり裏表目立たないのでステーションネックレスにはおすすめです。

RIMG0146.jpg

ジュエリーリフォームを母娘でお越しになられる方って、ほんとうに仲がよろしい方が多いんですよね黒ハート
お友達みたいに楽しそうにリフォームデザインをお二人で考えられたりして。
ジュエリー好きのご家族が仲がよろしいのか?あるいは、ジュエリーがご家庭を円満にしているのか?
理由はともかく、ほんとうにステキなお二人でした。

H.Nさま、この度はお母様とご一緒に大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ご婚約指輪等の大切なジュエリーは形を変えてはいけない、と思っていらっしゃる方が時々いらっしゃます。
そのままのデザインがお好きで普段使いなさっていらっしゃるのなら良いのですが、やはり10年,20年、経ってしまうとデザインが古くて身につけにくくなるものです。身につけられず、大切なジュエリーを宝石箱の仲に大切に眠らせておかれるのは大変もったいない話です。
また、昔のリングデザインは台座の高さが非常に高い物が多いため、身につけているとぶつけたり、ひっかかったりと身につけにくい物が多いのも事実です。
大切なのはリング枠ではなく「ダイヤモンド(宝石)」です。カジュアルなお出かけの時にでも、おしゃれに身につけられるようなデザインにリフォームなさる方が本当の意味での大切なジュエリーだと思いますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。