ダイヤモンド八角形リング&ロングステーションネックレスへのリフォーム

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、T.Mさまよりご依頼いただきましたダイヤモンド2点のリフォームです。

まず最初にご紹介するのは、0.51ctの1粒ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

シンプル過ぎて何故かカジュアルに身につけにくい1粒ダイヤモンドリングです
せっかくのダイヤモンドですから、カジュアルにもおしゃれに身につけられるようなデザインの方がいいですよね

こちらを、今当店で密かに人気が高まっている
八角形フォルムにメレダイヤが取り巻いているスタイリッシュなリングへリフォームいたしました

* アフター *

大きめのメレダイヤが彫留めで八角形の枠にセッティングされております

一方、アームは細めなので全体としてはスッキリした印象なんです。

場面が大きいので0.5ctのダイヤが1.5ctぐらいに見えちゃうお得?でスタイリッシュなリングです

そしてもう1点、
こちらの10ピースでトータル2ctのダイヤモンドクロスペンダントです
* ビフォー *

こちらの10ピースのダイヤは少し大きさがグラデーションになっておりますが、
大きめのものから8ピースだけを使用して

プラチナ製の70cm丸アズキチェーン使用のロングステーションネックレスへリフォームいたしました
* アフター *

8ピースでトータル1.48ctのゴージャスなロングネックレスとなりました

撮影のためトルソーに二重巻きにしておりますが、

8ピースのダイヤは70cmのチェーンにシンメトリーにセッティングされております。

ダイヤはガードル巻きにセッティングされております。
ダイヤのガードル部分だけに金属が巻かれているのでダイヤが裏がえってしまっても目立たないのでステーションネックレスには最適の留め方です。

ただし、裏側はダイヤのキューレット(尖った部分)がこのように露出しておりますので

素肌に身につけると0.2ct以上ではチクチクしてしまうので要注意!です

今回は0.2ctぐらいの大きめのダイヤでステーションネックレスをお作りいたしましたが、
ロングネックレスなのでお肌に直接当たりませんの大丈夫です。

T.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ダイヤモンドは何年経っても購入時の品質と全く変わりません。ですが、ダイヤモンドをセッティングしている枠のデザインは残念ながら20〜30年も経つと古くなってしまい身につけて外出しにくくなってしまいます。
ダイヤモンドは装飾品としてカットされてあなたの元へとやってきたのです。デザインが古くなったからと言って何十年もタンスの肥やしにされては可哀想です。
「頂き物だから」などの理由でリフォームを躊躇される方もおられるようですが、大切な方からの頂き物であればこそ、くださった方は身につけてくださることを願っておられると思います。
大切なのはデザインではなくダイヤモンドです。是非、ご自身がワクワクするような素敵なリングデザインへリフォームなさって身につけてあげてください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加