厚みのあるV字リングをスッキリハーフエタニティリングへリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、大阪からお越しいただいたK.Kさまのダイヤモンドリングのリフォームです。
この日にお持ちいただいたのは、こちらの5ピースで1.024ctのV字ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0343.jpg

V字でレール留めですので、かなりの厚みがありますし、デザイン的にとても使いにくいとのご相談でした。
なるべくすっきり見えるストレートのエタニティリングになさりたいとのご希望で、
共爪のハーフエタニティリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0002.jpg

RIMG0010.jpg

1ピースが約0.2ctもございますから、元々のダイヤがエタニティリングにしては大変大きいのです。
大変ゴージャスですね。
それでも共爪にしてまっすぐにしたらずいぶんすっきりしましたね。

K.Kさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。
レール留めや埋め込み等で宝石を留めると枠の幅や厚みが出るので、石が大きくなればなるほど全体の印象が太くがっちりした感じになります。
爪でセッティングした方が、全体のフォルムがほぼダイヤの大きさとなるのでスッキリします。
石の留め方でフォルムが変わってくるので、どんな仕上がりがご希望なのかイメージがあればおっしゃっていただけましたらご提案さしあげております。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。