はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、K.Mさまがお持ちになられたダイヤモンドルース等からの3点のリフォームですぴかぴか(新しい)

まず、初めにご紹介するのは0.266ctのダイヤモンドルースです。
リング型のピンセットで撮影しておりますが、お持ち頂いたのはルースでした。

* ビフォー *

RIMG0015 15.37.20.jpg

こちらを当初からのご希望のk18イエローゴールド製でメレダイヤ取巻きのスルーペンダントにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0245.jpg

メインのダイヤが大きく見えるのに、小さなメレダイヤがキラキラして可愛らしい人気のペンダントネックレスに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)
次にご紹介するのは、
直径3.4mmのルース6ピースです。

* ビフォー *
RIMG0023.jpg
こちらを同じくk18イエローゴールド製で3ピースずつの直づけピアスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0256.jpg
最後にご紹介するのは、
こちらのスクエアフォルムの小さなメレダイヤがたくさんセッティングされたリングです。
横から見るとリングの高さもかなりあり、ちょっと身につけにくいそうですあせあせ(飛び散る汗)

* アフター *
RIMG0011 15.37.20.jpg

こちらを、
リングアーム部分と無駄に高さのある台座部分の金属を切り取って、
スッキリ洗練されたペンダントネックレスにリメイクいたしました。

* アフター *
RIMG0240.jpg

両サイドにチェーンを固定したタイプのペンダントとなっております。
こちらが元はリングだったなんて言われても絶対に想像つかない程素敵なペンダントネッレスに生まれ変わっておりますぴかぴか(新しい)

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。
ちいさなメレダイヤのリフォームは0.1mmでも台座とダイヤの直径が合わなければサイズが合う台座が無いためお安くリフォームすることが難しいケースがほとんどです。ですが、直接お持ち頂けましたらサイズをお計りしリフォーム可能なご提案をいくつかさせていただくことが可能でございます。
その際、メレダイヤの直径が明らかに1mm以下でしたらリフォームしたり活用できたりする枠がほとんどないと思いますので、お問い合わせ頂く前に定規等で簡単にお計り頂ければ幸いです。
また、古い台座についていてリフォームに使用できない(使用しない)メレダイヤは金属の下取りとは別に小額ではありますが下取りさせていただくこともできます。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントを残す