0.3ctダイヤをスクエア取巻きペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、F.Aさまよりご依頼ていただきましたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、

0.318ctのダイヤモンドリングです
✳︎ ビフォー ✳︎

こちらを、
プラチナ製のスクエアフォルムメレダイヤ取巻きペンダントネックレスへリフォームいたしました
✳︎ アフター ✳︎

メレダイヤは、直径1.1mm × 16ピースでトータル0.31ctセッティングされております。

ラウンドのメレダイヤ取巻きも素敵ですが、スクエアも個性的で素敵ですね

F.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

メインのダイヤモンドをメレダイヤで取り巻くデザインがリングでもペンダントでも今大人気です。
ただ、昔もメレダイヤが取り巻かれているリングやペンダントはありました。ですが、同じものではありません。昔はメレダイヤの大きさがもっと大きく、ボコボコ?して爪が外側に突き出てトゲトゲしたフォルムでした。
現代のメレダイヤ取り巻きは写真でご覧いただくとおわかりいただけるように、極小さなメレダイヤが隙間なく連なり爪もダイヤとダイヤの間に入り込んでいるようなセッティング方法ですのでスッキリしたフォルムです。
小さなものだからこそ、小さな違いが大きな印象の違いとなるのです。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加