ご婚約指輪とアコヤ真珠のリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

暮れも押し迫ってまいりましたがあせあせ(飛び散る汗)
今日ご紹介するのはK.Tさまリフォーム2点です。

まず、
K.Tさまご婚約指輪0.30ctの古いダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0192.jpg



正面からだとわかりにくいですが、
台座の高さが高くて、フォルムもちょっと重たい感じなので、せっかくのご婚約指輪も身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)
こちらを6点留めの華奢なエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0613.jpg



高さもダイヤの厚み分ぐらいしかありません。
華奢なアームに共爪のメレダイヤがセンターのダイヤモンドを引き立たせてくれますねぴかぴか(新しい)

RIMG0616.jpg

RIMG0619.jpg

つぎに、

8mmのアコヤ真珠リングです。

* ビフォー *
RIMG0195.jpg



ご購入されてから何十年か経過しておりますので、
残念ながら少し真珠が黄色くなって経年劣化しておりますあせあせ(飛び散る汗)
そして
カジュアルに身につけられるペンダントへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0606.jpg



ペンダントでしたら少し古くなってしまった真珠でも目立ちにくくカジュアルにまだまだ身につけていただけそうですね。

K.Tさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
真珠、特にアコヤ真珠はご購入から20〜30年経過すると経年劣化してきます。
最初は色味が黄色くなってきて、その後は最初にあったテリもなくなってまいります。
真珠はコンキオリンというタンパク質で構成されておりますのでダイヤモンド等の鉱物とは違い、残念ながら経年劣化していくものなのです。
ですから経年劣化し始めた大切な真珠リングをリフォームなさるのであれば、特別な事情が無い限りペンダントにリフォームなさる事をお勧めいたします。
指輪はご自分でも他の人でも目の前で見る事が出来るので良し悪しが分かりやすいですが、ペンダントになさったらさほど良し悪しが分かりにくいのです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。