はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、N.Sさまよりお持ち頂いたメキシコオパールリングのリフォームですぴかぴか(新しい)
こちらがお持ち頂いた4.74ct(15mm×10mm)の古いメキシコオパールのリングです。
昔、ご主人様がメキシコにお仕事で行かれていらしたときのお土産なんだそうです黒ハート

* ビフォー *
RIMG0199.jpg

せっかくの大切なオパールリングもリングデザインが古くなってしまったので
全く身につけられなくなってしまったそうですあせあせ(飛び散る汗)

こちらを身につけやすいように
K18イエローゴールド製でこんな素敵なシンプルリングにリフォーム致しましたぴかぴか(新しい)
初めてさせて頂くリングデザインです。

* アフター *
RIMG0128.jpg

メキシコオパールはオレンジ色が強く出るのが特徴ですが、
角度によって、光の加減によっても、ピンクやブルー、グリーン等のいろいろな遊色をお楽しみ頂ける石です。

RIMG0142.jpg

RIMG0144.jpg

RIMG0149.jpg

薄い色味のイエローゴールドがオパールを包み込んで、
優しくカジュアルな印象となりましたね。
再び身につけられるようになれば、プレゼントされたご主人様もきっと喜んでくださいますね揺れるハート

N.Sさま、この度は大切なオパールを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
宝石の硬度(硬さ)はそれぞれ種類毎に異なります。
一番硬いのはダイヤモンドの「硬度10」です。この地上で一番硬い鉱物ですので、傷ついたり古くなったりすることはございません。その次に硬いのはサファイア、ルビー等の「コランダム」という種類の宝石です。こちらはダイヤモンドの次に硬いですが、
衝撃でかけたり上面が擦れてしまうことはございます。
今日ご紹介したオパールはそれらと比較すると柔らかく、長年使用されていると表面に小傷がたくさん入ってしまうものもたくさんございます。
指輪やネックレス等の宝飾品を24時間つけっぱなしになさるとダイヤモンド以外の宝石はたちまち小傷がいったり、かけてしまったり等のトラブルが起こります。また一番硬いダイヤモンドは石自体は大丈夫でもプラチナや金等の枠が傷ついたり、爪が曲がってしまい最悪、留められているダイヤモンドが落ちてどこかへ行ってしまう可能性もございます。
大切なジュエリーはお家に帰ったらお洋服を脱ぐ前に必ず外して宝石箱にしまってくださいね。
長く大切に身につけていてもデザインが古くなってしまったら新しいデザインへリフォームしましょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは下記ホームページを良くご覧の上お問い合わせください。

コメントをどうぞ