はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、A.Mさまよりご依頼頂きました1ctUPのダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)
A.Mさまのお母様よりこの度譲り受けられた1,20ctのダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)
立爪のリングでお持ち頂きましたが、
撮影前にダイヤをお外ししてしまいましたので、ピンセットで挟んで撮影させていただいたビフォー写真ですあせあせ(飛び散る汗)

* ビフォー *
RIMG0034.jpg

こちらをおしゃれに身につけやすいようなデザインにリフォームなさりたいとのご相談でした。
あれこれ悩まれた結果、お嬢様のおすすめもあり、
大きめのメレダイヤが共爪でセッティングされているキラキラリングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0008.jpg

直径2.1mmのダイヤモンドがほぼ隙間無くリングの半分ぐらいまでセッティングされていますぴかぴか(新しい)

RIMG0018.jpg

RIMG0023.jpg

台座の高さもないですので、ゴージャスでキラキラですが
おしゃれで身につけやすい素敵なリングになりました。

A.Mさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
年齢がお若いうちには大粒のダイヤモンドはちょっと気後れなさったり、ゴージャスすぎるという風に敬遠される方もいらっしゃいます。
ジュエリーは大人の女性が身につける物ですので、やはりあまり年齢がお若いと大粒のダイヤモンドは似合われないこともございます。
ただし、年齢がお若くてもご家族の方からダイヤモンドを譲り受けられたり、ご婚約等でダイヤモンドリングを贈られたりなさったとき、それはダイヤモンドが貴女を大人の女性として認めてくれたから貴女の元へやってきたのだと思います。
「まだ早い」「私には似合わない」等、敬遠なさらず、貴女の元へやって来てくれたダイヤモンドに感謝なさり、ご自分が一番身につけやすいリングデザインになさってください。
身につけていると不思議とだんだんダイヤモンドが似合ってくるものなのです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ